TRANCE & EURO

よくユーロとトランスの違いが分からないと言う人に出逢うんだ。予餞会で披露したパラパラ、後でいろんな知り合いに声かけられたけどあれがユーロビートだということに気がついてもらえなくって。

どちらもクラブ・ダンスミュージックであり、あまりROCKしてなくて電子的、コンピレーションCDはどちらもavexがオススメ(これは意見か)、このへんが共通点でしょうか。

ユーロビートは、「Electrical Parade (Eurobeat Version)」(←ディズニーのね)以外のすべての曲にボーカルがいます。そりゃもう、男性、女性、ベテラン、キッズ、
パワフル系、哀愁系などいろーんな人います。プロデューサー兼ボーカルって人がいるレコード会社もあります。イタリアとかにあるんですけど。その曲たちを日本人がカバーして歌っているってことが数多くあります。安室奈美恵やMAXやV6など、以前にも話しましたが、彼女らはユーロを歌って注目を浴び、今や大物ですね。まぁ当時ユーロビートブームだったってこともありますけど、日本に馴染みというか、かなり縁のある音楽なのです。
ほとんどの曲が
イントロ→リフ→Aメロ→Bメロ→サビ→リフ→Aメロ・・・
って構成です。僕にとってはリフとサビが同じくらい曲の目印になってます。あとはシンセとかの音が堂々としてて好きなんです。たまにエレキギターも使われてたりして、結構ROCKなんですね。

トランスは、あまり曲もってないのでアレですが、インストが多いです。まぁボーカルの有無は別にいいんですが、サウンドがだだっ広い空間的。そんで曲の展開が退屈。激しさとおとなしさが極端です。とおーくの方からだんだんだんだん近付いてきてドーンときたら同じ旋律が何回も何回も。
構成は
イントロ→ → → → →サビ
っていうかどこがサビなのかよくわかりません。日本人アーティスト楽曲のリミックスになるとBメロの部分からサビに到達するまでが長〜いです。アゲアゲになりかけるテンションがそこで一気に下降するんですよ。
機械的だし、愛が感じられないし、なんでこんなのが流行している(た)の? って僕は思います。
でも逆に言えばクールなので、お洋服のお店のBGMになってたりテレビ番組のジングルとかに使われてたりするとイイ感じになる気がします。
そういいながらも僕も好きな曲があるっちゃああるんですけど。


・・・こんな説明でわかるのかな?
ま、早い話聴いてみちゃうのがいいです。
ユーロを聴くなら「SUPER EUROBEAT」って書いてあるやつならなんでもいいです。
トランスなら「Cyber」がつくのでも「SUPER BEST」がつくのでもいいです。

そこまでしたくないよという方は
ユーロならDJ OZMAの「Spiderman」
トランスなら鈴木亜美の「delightful」
を、思い出してください。まー簡単。


なんでそんなトランスを冷たい目で見るのかって、ユーロの人気を奪ったからですよっ。クラブでかかるのはトランスばっかりだ(らしい)し、パラパラってもともとユーロビートから生まれたのにトランスにも存在しやがるし、もーもーもー。

また2000年の頃のようなブームが来てほしいなぁ。
[PR]

  by dhidadhidadhidada | 2008-02-27 12:09 | ◆EUROBEAT◆

<< 虹色の滝 ЯOCK×ROCK >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE